更新日: 2017-09-08 (金) 23:36:26 (13d)

OpenStreetMapとは

OpenStreetMapは誰でも編集ができる、オープンソースの地図です。
Wikipediaの地図版とでも思ってみてください。
今やGoogle Mapより進化が早いのでは?と言われています。

なぜOpenStreetMapを使った方がよいか?という最大の理由は大変シンプルです。

無料だから。

Google Map APIは、ビジネスで利用するには有料となっています。

その金額は、年間 184万円(17500ドル)ドルと大変高額です。
3年利用する場合は552万円もかかるわけです。
5年間で920万円です。
大体のシステムは5年間ぐらいは使うでしょうから、1千万円近くGoogleに支払いをしないといけません。

しかも、Google Mapのセールスは大変不親切で質問や要望にまったく答えてもらえません。
こちらから電話は一切かけられません。かけると、英語の留守電になります。
普通の日本の会社のように、誰かが電話をとりついでくれたりはしません。

そんな会社から、1000万円もする買いものをしたくないですよね★

それに、Googleが将来的に利用規約などを改訂した場合、突然APIが止められたり、アプリが廃止になったり、という大きなビジネスリスクが存在します。

Google Map APIの利用規約が大変複雑なのを知っていますか?
http://www.google.co.jp/permissions/geoguidelines.html

法人が利用する場合、印刷していいのか悪いのかもまったくわかりませんね。

そんなコストやリスク、ストレスから、おさらばしましょう。
個人がホムペに地図を表示する分にはGoogle Mapでかまわないと思いますが、ビジネスユースで利用するにはリスクが大きいため、OpenStreetMapを利用することをお勧めします。

なお、地図のAPIは、他にも販売している会社がいくつかあり、Googleほど高いところはそんなにありませんが、月額10万円近くしたりという金額は似たりよったりです。

そんな地図を購入しなくても、OpenStreetMapには十分な機能と情報があります。
何より、一般の人々が自由に編集できるという強みがあります。
Wikipediaの進化に見るように、情報の価値は、どれだけ多くの人がその情報作りに参加しているか、ということで上がります。

他にも

  1. オフラインで使える
  2. 外国の地図も英語で見れたりする

という利点があります。

OpenStreetMapの見本はこちら
弊社のある横浜が中心となっております。
http://osm.jp/map#zoom=12&lat=35.44371&lon=139.63803&layers=B00

OpenStreetMapでのシステム開発依頼はこちらへどうぞ


選択肢 投票
役に立った 2  
役に立たなかった 0  
どちらでもない 0  
このページが参照された数
Total: 1650, 今日: 6, 昨日: 10

でじうぃきは神奈川県横浜市の位置情報システム・スマホアプリ開発の株式会社オンラインコンサルタントが運営しています。
投稿
トップ   このページを編集する 再編集不可にする 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新しいページを作る 一覧 検索する 最新の更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-08 (金) 23:36:26 (13d)