更新日: 2017-06-28 (水) 19:33:37 (172d)

:AWS

さて、前回下記を書きましたが
CodePipeline Githubにコミットしたら自動的にデプロイするまでの道のり①
①は①で完結してしまったので(単行本が1巻しか出してもらえない打ち切りマンガのようだ)、今回は、まずはテスト環境で確認ののち、本番環境にリリースする、という手順です。

Githubにコミットしたら自動テストだけで即リリース環境へデプロイというより、間にテストとかステージングとかで確認したい!ということがあるのではないでしょうか。

今回は、CodePipelineを使って、その方法を実現しました。

これは実に簡単で、まずCodeDeployでテスト用のデプロイ、リリース用のデプロイと2種類のアプリケーションを作っておきます。
CodeDeployに関しては、CodePipeline Githubにコミットしたら自動的にデプロイするまでの道のり①にて要点を書いています。

CodePipelineで、ステージングの後に、Approval、Releaseという手順を追加して、Approvalにて承認プロセスを作るだけです。

承認フローを作る際に、途中
「Amazon Simple Notification Service (SNS)」
にてトピックというものを作成しないといけませんが、これはただ単にトピックを作るだけでOKです。もちろん、Emailとかをトピックに登録すると、承認フローまで来たらAWSからメールが来て便利なので、オススメします。

次のようなCodePipelineのフローを作ったら、あとはもうGithubにコミットするだけで、テスト環境→承認→リリース というのが全部GUIで楽々に可能です。⊂(^-^)⊃

codepipeline2.png

選択肢 投票
役に立った 0  
役に立たなかった 0  
どちらでもない 0  
このページが参照された数
Total: 142, 今日: 1, 昨日: 1

添付ファイル: filecodepipeline2.png 20件 [詳細]

でじうぃきは神奈川県横浜市の位置情報システム・スマホアプリ開発の株式会社オンラインコンサルタントが運営しています。
投稿
トップ   このページを編集する 再編集不可にする 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新しいページを作る 一覧 検索する 最新の更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-28 (水) 19:33:37 (172d)