更新日: 2017-12-27 (水) 18:36:40 (117d)

:Android

Androidアプリで、アプリ内でバッテリーレベルを検知して、何かする機能を作ってます。
しかし、充電ケーブルの抜き差しぐらいはいいとして、バッテリーが減ってきたとか、バッテリーがOKになってきたとかはデバッグするのが難しいですよね!!

そんな時にADBを使えば疑似的にAndroid端末のバッテリーが増えたり減ったりできる方法がありました。

下記のサイトさんを参考にさせて頂きましたm(_ _)m。
Android Shell. Part 1: Mocking Battery Status

ケーブルが取り外された

adb shell dumpsys battery unplug

バッテリーのレベルを5にする

adb shell dumpsys battery set level 5

などなどです。

注意しないといけないのは、

adb shell dumpsys battery set level 0

ってすると、端末によっては電源がなくなったということで、再起動しちゃいます( ´∀` )。

また、デバッグし終わったら

adb shell dumpsys battery reset

ってしないと、電池レベルを端末が誤解していてなんかおかしいことになります。


選択肢 投票
役に立った 0  
役に立たなかった 0  
どちらでもない 0  
このページが参照された数
Total: 346, 今日: 7, 昨日: 1

でじうぃきは神奈川県横浜市の位置情報システム・スマホアプリ開発の株式会社オンラインコンサルタントが運営しています。
投稿
トップ   このページを編集する 再編集不可にする 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新しいページを作る 一覧 検索する 最新の更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-27 (水) 18:36:40 (117d)